応募について

応募方法
募集要項(PDF)

※応募前に必ずご確認ください。

募集要項(PDF)

※応募前に必ずご確認ください。

募集内容

地域※1の現状・課題について、「地域経済分析システム(RESAS:リーサス)、V-RESAS」等を使って分析し、その上で解決策となるような政策アイデアをご提案ください。地域の未来をよりよく変えていく、創意あふれるご提案をお待ちしています。

※1「地域」とは、市区町村または都道府県、もしくは、複数の市区町村または複数の都道府県(必ずしも地理的に隣接している必要はありません)をいいます。

政策アイデアの例

  • 地域経済を〇〇で元気にする
  • 地域の問題を〇〇で解決する
  • 新型コロナウイルス感染症により受けたダメージを〇〇で回復する
  • 地域の人口減少・少子高齢化を〇〇で解決する 等
募集期間 2022年8月2日(火)
~9月30日(金)23:59まで
最終審査会 2022年12月10日(土)
募集対象
(応募フォーム)

地方創生やデータ利活用に関心を持つ地方公共団体、
民間企業等の社会人や学生の方など、
どなたでもご応募が可能です。

※ 応募作品の中には、分析・提案に加えて、提案内容を実行する又は協力・助言を行う主体(応募者自身、地方公共団体、各種機関、民間企業、学校等)や、応募時点の相談・調整状況等を盛り込むことが可能です。 ※ 個人、部・課単位、その他グループ(学校やクラス等)で、応募が可能です。 ※ 応募された情報は、審査・広報等のため、地方公共団体及び全国各地方支分部局へ提供する可能性があります。

必要記載事項
応募資料には、以下の内容を必ず記載ください。
① RESASもしくはV-RESASによる分析(分析テーマや対象地域の概要、課題説明)
② 分析テーマに基づいた政策アイデア(解決策の提示)
③ データや引用文献の出所・出典

※ 分析に際しては、RESAS、V-RESAS以外のデータも組み合わせてご活用ください。

応募資料の形式
応募資料は、以下の要領で作成してください。
〇 PDF(幅254mm×高さ190.5mm、PowerPointスライドサイズ相当、拡張子.pdf)で作成してください。
〇 ページ数は、10ページ以上20ページ以内としてください。
〇 ファイルの容量は、9MB以下としてください。
〇 資料1枚目に、作品名、チーム名、所属、応募者氏名を必ず記載ください。

※ ホームページ等において、作品名、チーム名、所属、応募者氏名を公表させていただくことがありますので、予めご了承ください。

応募手続き
ホームページ上のマイページにてエントリー項目をご入力の上、応募作品のファイルをアップロードしていただき、送信を行うと応募が完了します。
応募資料は締切日(9月30日)までは差し換えが可能です。

※ 締切日以降、応募資料の変更・差し換えは不可とさせていただきますので、予めご了承ください。


※応募フォーム(応募資料のアップロード)は公開前です。
詳細につきましては、追って当ホームページ上でご案内いたします。
(マイページにご登録いただいた方へは、メールにてご案内させていただきます。)

マイページにご登録いただいた方へは、地方創生☆政策アイデアコンテスト2022に関する情報をメールにてご案内させていただきます。(当ホームページ更新情報、オンラインイベントの申込、最終審査会の視聴申込など)
当コンテストへの応募を検討中の方、最新情報を入手したい方は、是非ご登録ください。

審査プロセス・表彰

※第1次審査、第2次審査通過者は、本サイトにて公表いたします。

応募対象地域の
区分
  1. 北海道
  2. 東北(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)
  3. 関東(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、静岡県)
  4. 中部(富山県、石川県、岐阜県、愛知県、三重県)
  5. 近畿(福井県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)
  6. 中国(鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県)
  7. 四国(徳島県、香川県、愛媛県、高知県)
  8. 九州・沖縄(福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)

※ 分析の対象とした地方公共団体が属する都道府県およびブロックに応募していただくこととなります。
(例)茨城県在住で鳥取県の地方公共団体を対象とした場合:鳥取県(中国ブロック)への応募
※ 2つ以上の地方公共団体を対象とした場合、どの都道府県を代表地域として応募するかは、応募者で選択することができます。
(例)石川県(中部ブロック)と福井県(近畿ブロック)を対象とした場合:石川県(中部ブロック)の応募とするか、福井県(近畿ブロック)の応募とするか、応募者が選択することができます。

審査のポイント

審査のポイント
審査に際しては、主に以下のような点について評価をします。
★ 地域の地方創生に資する有効性の高い政策アイデアであること
★ RESAS等を活用したデータ分析をおこなっていること
★ 地域全体を巻き込んだ構想となっていること

※ より詳細な評価のポイントについては、募集要項をご参照ください。

最終審査会の
日時と会場
(予定)
日時:2022年12月10日(土)10:00~18:00(予定)
会場:中央合同庁舎8号館・講堂(内閣府)および、オンラインによるハイブリッド開催

※ 会場参加またはオンライン参加をお選びいただけます。 ※ インターネットでのライブ配信を行います。マイページから視聴申し込みが可能です。(後日公開予定) ※ 詳細につきましては、決定次第、公表いたします。 ※ 最終審査会の日時・開催方法については、感染症や災害等の影響により変更する場合があります。

表彰区分
〇 高校生・中学生以下の部、大学生以上一般の部、官民連携の部、の区分に基づき、
  それぞれ地方創生担当大臣賞(副賞あり)、優秀賞(副賞あり)を授与します。
〇 官民連携の部とは、地方公共団体や民間事業主体等、地域全体を巻き込んだ調査、分析や政策提案が
  含まれている提案を対象に表彰するものです。
〇 協賛企業からも協賛企業賞が贈られます。
〇 上記に加え、ブロックごとに特に優秀な政策アイデアに対して、
  経済産業局長賞・沖縄総合事務局長賞を授与します。

※ 第一次審査を通過した応募作品については、ホームページで掲載予定です。 ※ 応募者に大学生以上の方が含まれる場合は、高校生・中学生以下の部の表彰対象ではなく、大学生以上一般の部の表彰対象とします。