募集要項はこちら

地方創生★政策アイデアコンテスト2017

主催:内閣府地方創生推進室

それぞれ募集中!

応募方法について チラシはこちら
  • 高校生·中学生以下の部
  • 大学生以上一般の部
募集期間
2017年 9月1日(金) ~ 10月25日(水)
最終審査会
2017年12月16日(土)午後
会場(定員:400名)
東京大学 伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール
(東京都文京区本郷7-3-1)

新着情報

募集内容

あなたが暮らす、または、ゆかりのある地域の現状·課題について、
「地域経済分析システム(RESAS:リーサス)」を使って分析し、
解決策となるような政策アイデアを募集します。

※地域経済分析システム(RESAS:リーサス)は、地域経済に関する様々な官民のビッグデータ(産業、人口、観光、農業等)をわかりやすく「見える化(可視化)」し、地方自治体等による様々な取組を情報面・データ面から支援するため、2015年4月より国が提供しているシステムです。

政策アイデアの例

地元の地域経済を○○産業で元気にする / 地域への移住者を○○で増やす / 地域に新たな○○産業を生み出す / ○○で地域の住環境を改善し、人口減少·少子高齢化を解決する 等

※必ず以下の内容を入れてご提案ください。

RESASによる分析(現状·課題認識)/ RESASによる分析に基づき、考えられる政策アイデア(解決策の提示)

審査基準

  1. RESASを十分に活用しているか
  2. RESASに限らず、分析·提案に必要なデータや情報を利用しているか
  3. データに基づき、地域の現状や課題を十分に捉えているか
  4. 政策アイデア企画の際に、独自の考えを盛り込んでいるか
  5. 地域の将来の潜在的な可能性についての視点があるか
  6. 実現に向けた、現実的で前向きな提案となっているか

審査プロセス

  1. 地方予選(全国7地域)
    【書類審査】
    10月26日(木)~11月中旬※予選通過者は、本サイトにて公表します。
  2. 全国第1次審査
    【書類審査】
    11月中旬~11月下旬
  3. 最終審査会
    【プレゼンテーション審査】
    12月16日(土)

予選地域

  1. ①北海道・東北(北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)
  2. ②関東(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、静岡県)
  3. ③北陸・中部(富山県、石川県、岐阜県、愛知県、三重県)
  4. ④近畿(福井県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)
  5. ⑤中国(鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県)
  6. ⑥四国(徳島県、香川県、愛媛県、高知県)
  7. ⑦九州・沖縄(福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)

応募方法

応募フォーム

  • 高校生·中学生以下の部

    ※高等学校、高等専門学校1年生から3年生まで、専修学校高等課程、特別支援学校高等部・中学部、中学校、中等教育学校含む。小学生以下も可。

  • 大学生以上一般の部

    ※大学院、大学、短期大学、専修学校専門課程(専門学校)、高等専門学校4年生、5年生含む。

  1. 応募作品は、Word、Excel、PowerPoint、PDFの
    いずれかのファイル形式での作成をお願いします。※最終審査会はPowerPointでのプレゼンテーションになります。 詳細はこちらから
  2. 応募作品は電子データで20ページ以内(9MB以下)に
    まとめていただきご応募ください。※全国第1次審査の結果などで、応募者のお名前を公表させていただくことがあります。
昨年度のファイナリストのプレゼンテーション資料や動画、結果報告は、
昨年度のコンテストサイトでご覧いただけますので、応募の際の参考にしてください。

「地方創生☆政策アイデアコンテスト2016」ウェブサイト

https://contest.resas-portal.go.jp/2016/

RESASの画面を使用した資料の作成方法

資料等へRESASの画面を貼り付ける際には、画面のスナップショットの取得により行ってください。
方法はこちらをご覧ください。

RESASの画面を使用した資料の作成方法(PDF 745KB)

地方予選

全国7地域で実施します。応募された提案をもとに、
21組、大学生以上一般の部 21 組の計 42組)を決定します。

地方予選期間:2017 年 10 月 26 日 (木)~11 月 16 日 (木)
地方審査委員:各地域の区分ごとの外部審査委員※及び各都道府県による審査
※北海道・東北、九州・沖縄は2名、他地域は1名

地域(クリックすると各項目へ移動します)

北海道・東北

外部審査委員(五十音順・敬称略)

※審査委員は自らと利害関係にある企業や団体、個人からの提案に対する審査は行っておりません。

都道府県審査
北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県

関東

外部審査委員(五十音順・敬称略)

※審査委員は自らと利害関係にある企業や団体、個人からの提案に対する審査は行っておりません。

  • 審査員

    株式会社リクルートライフスタイル
    じゃらんリサーチセンター 客員研究員
    WAmazing株式会社 代表取締役社長/CEO

    加藤 史子

    プロフィールはこちら

都道府県審査
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、静岡県

中部

外部審査委員(五十音順・敬称略)

※審査委員は自らと利害関係にある企業や団体、個人からの提案に対する審査は行っておりません。

都道府県審査
富山県、石川県、岐阜県、愛知県、三重県

近畿

外部審査委員(五十音順・敬称略)

※審査委員は自らと利害関係にある企業や団体、個人からの提案に対する審査は行っておりません。

都道府県審査
福井県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県

中国

外部審査委員(五十音順・敬称略)

※審査委員は自らと利害関係にある企業や団体、個人からの提案に対する審査は行っておりません。

  • 審査員

    岡山大学 社会文化科学研究科 教授

    中村 良平

都道府県審査
鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県

四国

外部審査委員(五十音順・敬称略)

※審査委員は自らと利害関係にある企業や団体、個人からの提案に対する審査は行っておりません。

都道府県審査
徳島県、香川県、愛媛県、高知県

九州・沖縄

外部審査委員(五十音順・敬称略)

※審査委員は自らと利害関係にある企業や団体、個人からの提案に対する審査は行っておりません。

  • 審査員

    株式会社ちくぎん 地域経済研究所

    空閑 重信

  • 審査員

    ブルームーンパートナーズ株式会社 代表取締役

    伊波 貢

    プロフィールはこちら

都道府県審査
福岡県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

よくある質問

自治体や行政外郭団体などでも応募できますか?
自治体や行政外郭団体でも応募可能です。ぜひご応募ください。
過去に学校内などで作成した提案内容で再度応募することは可能でしょうか?
RESASを活用し、募集概要に沿ったものであれば可能です。
現在17歳ですが高校には在学していません。応募は可能でしょうか?
可能です。高校生・中学生以下の部となりますのでぜひご応募ください。
一人で複数アイデアを応募することは可能でしょうか?
可能です。
応募はWEB以外(郵送)でも可能でしょうか?
大変申し訳ありませんが、応募内容の管理上、応募はWEBのみとさせていただきます。
20ページの提案資料の他に参考資料をつけることは可能でしょうか?
参考資料も含め20ページ以内におさめ、ご応募ください。
なお、最終審査会はPowerPoint でのプレゼンテーションになります。
提案資料が9MBを超えてしまっても大丈夫でしょうか?
お手数ですが提案資料は9MB以内におさめていただきますようお願いします。
写真や画像などで容量が大きくなってしまう場合は、解像度を調整して提案資料をご作成ください。
RESASを使わないといけないのでしょうか?
本コンテストはRESASを活用した分析に基づき政策アイデアをご提案いただくというものです。RESASを必ず使用してください。
RESASの画面はどの様に提案資料につければいいでしょうか?
RESASの該当画面をスクリーンショットなどでキャプチャし、提案資料内に貼り付けてください。方法はこちらをご覧ください。
RESASの画面を使用した資料の作成方法(PDF 745KB)
12月16日(土)の最終審査会&表彰式を聴講したいのですが?
聴講者募集は募集期間終了後に募集を開始する予定です。しばらくお待ちください。
また、最終審査会&表彰式の様子はインターネットでのライヴ配信を行う予定です。

過去事例

過去のコンテストの政策アイデアの中から、
実際に具体的な取組につながっている事例が出てきています。

2016年度 高校生以下の部 地方創生担当大臣賞
長野県松本県ヶ丘高等学校 内田 佑香、横山 瑠奈

政策アイデアの実現に向け、
県の試験研究機関による共同分析が実施された

長野県知事を表敬訪問し、受賞について報告(2017年2月)。
実際に「昆虫食」の商品化を検討するため、長野県工業技術総合センター(長野県産業労働部の現地機関)内の「しあわせ信州食品開発センター」が、共同で栄養価分析を実施(2017年6月)。

コンテスト後、しあわせ信州食品開発センターを訪問

コンテスト後、しあわせ信州食品開発センターを訪問

2016年度 大学生以上一般の部 地方創生担当大臣賞
岡 祐輔(福岡県糸島市)

政策アイデアが、実際に
市のマーケティングモデル推進事業として始動

2016年度より試行している「糸島市マーケティングモデル推進事業」において、岡氏の提案である糸島市産品の販路開拓や広告宣伝、商品開発の一体的実施が実行され、第一弾商品「JF糸島ふともずく」が発売(2017年4月)。福岡県内の企業や高校と連携し、販路開拓や広告宣伝を推進していく。
今後、マーケティング要素毎に様々な主体とコラボレーションを行っていきつつ、糸島市産の様々な食品についてのマーケティングを順次進めていく。

市・高校生・生産者で営業・販売先の検討ワークショップを実施

市・高校生・生産者で営業・販売先の
検討ワークショップを実施

各地開催事例

RESASを活用したコンテストを独自に開催していただいている各都道府県や市区町村等をご紹介いたします。
各都道府県や市区町村等のコンテストへ応募された作品につきましても、RESASを活用していただければ、「地方創生☆政策アイデアコンテスト2017」への応募が可能となります。皆さまからのたくさんのご応募をお待ちしております。

福島県【終了】

「福島に来て。移住施策アイデアコンテスト」主催:福島県

募集要項(pdf) チラシ(pdf)
さいたま市

「第7回学生政策提案フォーラムinさいたま」主催:さいたま市

詳細はこちらから(外部リンク)
和歌山県

「第1回 和歌山県データ利活用コンペティション」主催:和歌山県

詳細はこちらから(外部リンク)
高知県

「高知家地方創生アイデアコンテスト2017」主催:高知県

詳細はこちらから(外部リンク)

pagetop