全国審査員

全国第一次審査の書類審査と
最終審査会のプレゼンテーション審査を行う
審査員をご紹介します。
また、審査員より応募者の皆さまへメッセージをいただきました。

新着就任審査員(敬称略)

竹部 美樹

高校生・中学生以下の部

NPO法人エル・コミュニティ代表

竹部 美樹

「鯖江市地域活性化プランコンテスト」やIT×ものづくり拠点「Hana道場」を運営し地域の担い手を育成。
関 治之

地方公共団体の部

一般社団法人コード・フォー・ジャパン 代表理事

関 治之

「テクノロジーで、地域をより住みやすく」をテーマに、会社の枠を超えて様々なコミュニティで積極的に活動。
夏野 剛

高校生・中学生以下の部

慶應義塾大学 政策・メディア研究科特別招聘教授

夏野 剛

学校法人角川ドワンゴ学園理事として、N高等学校にてデジタル教育の最前線で活躍。母体である株式会社ドワンゴでは代表取締役社長を務める。
西内 啓

大学生以上一般の部

株式会社データビークル 代表取締役CPO
統計家

西内 啓

多くの企業のデータ分析及び分析人材の育成に携わる。著書「統計学が最強の学問である」など多数。
脇 雅昭

地方公共団体の部

よんなな会 発起人

脇 雅昭

公務員を中心とした交流会を全国で開催。
正能 茉優

大学生以上一般の部

株式会社ハピキラFACTORY 代表取締役

正能 茉優

大学時代に立ち上げた「ハピキラFACTORY」という会社にて、地域のモノをかわいくして発信・販売。
遠藤 俊英

大学生以上一般の部

前金融庁長官

遠藤 俊英

髙田 明

大学生以上一般の部

株式会社A and Live 代表取締役/ジャパネットたかた創業者

髙田 明

柳澤 大輔

地方公共団体の部

面白法人カヤック 代表取締役CEO

柳澤 大輔

地域住民が地域のことをジブンゴトとして考える活動「カマコン」を立ち上げ、全国の地域に展開。
坊垣 佳奈

地方公共団体の部

株式会社マクアケ 共同創業者/取締役

坊垣 佳奈

「Makuake」を通して全国のアタラシイモノ・コトが生まれる場に向き合い、流通企業や金融機関などのパートナーや地方自治体との取組を推進。
安部 敏樹

地方公共団体の部

一般社団法人リディラバ/株式会社Ridilover 代表

安部 敏樹

「社会課題を、みんなのものに」をスローガンに、地域課題の解決を幅広く支援。今年度、RESASを活用した新しい政策立案ワークショップの開発等も実施。
川崎 好美さん

高校生・中学生以下の部

岡山県立倉敷商業高等学校 教諭

川崎 好美

地方創生☆政策アイデアコンテスト2019「高校生・中学生以下の部」大臣賞受賞チームの指導を担当。
浦崎 太郎さん

高校生・中学生以下の部

大正大学 地域創生学部 地域創生学科 教授

浦崎 太郎

専門領域:教育学、社会学
研究分野:高校改革の支援を通じた地方創生